img-1

親知らずの抜歯を依頼する先の歯医者に注意

親知らずの抜歯をしてもらいたいと思うときには、依頼先つまり受診先の歯医者の選定が非常に重要です。日頃から通っているかかりつけ医がいればその歯医者を受診すればよいのですが、かかりつけ医としての歯医者が存在しない場合には、近隣の歯医者で親知らずの抜歯をしてもらうことを考えるしかありません。親知らずの抜歯で事前の情報として知っておくべきなのは、上側の歯を抜く場合は抜いても後々痛むことは少なめであるのに対して、下の親知らずを抜く際には抜歯した後に痛みが長く続く可能性があることです。


最初に歯医者で診てもらって抜いてもらう話をしたときに痛みの話がまずなされますし、なければこちらから話をする必要がありますので、注意をしなければいけません。


下側の歯については、抜かなくても治療の継続で痛みが引く場合がありますので、歯医者側も積極的に勧めない場合があり得ます。ただ、当分の間治療に通わなければならないという問題が生じますので、面倒さは生じますし、通院にかかる時間も費用も負担を覚悟しなければいけません。


抜歯であれば、痛みがなければ数回の通院で済んでしまいますし、後々その歯が痛むこともまずありませんから、後腐れはまずないと言えます。歯医者の受診先で困る場合は、歯医者として口コミ等でいい評判があるかどうか、腕は確かかどうかの他に、麻酔が上手いかどうかも確認した方が無難です。

麻酔が下手だと痛みに患わされる可能性が高くなってしまいます。


親知らずとは歯列の一番奥に上下4本生えて来る歯の事を言います。

18歳から20歳ごろに生えてくるのが特徴で、顎の骨が小さい場合は真っ直ぐ正常な位置に生えず、傾いたり半分埋まっている状態で顔を出すケースもあります。

親知らずは抜歯した方が良いのかの判断は、それぞれの生え方や状態によって変わります。


親知らずを歯磨きなどで十分に管理できる場合や、痛みや腫れがなく虫歯になっていない場合はそのまま放置して問題ありません。

しかしたびたび周囲の歯ぐきが腫れたり、虫歯の兆候が見られる時は抜歯を検討して下さい。

小さな虫歯ならばそのまま治療できますが、虫歯が神経まで到達していると位置的に神経の治療が難しくなります。また、何度も腫れや痛みを繰り返し、次第に間隔が短くなったり症状が強くなってくると、周囲の歯にまで影響を及ぼす可能性があります。

また、痛みや腫れがなくても親知らずが生えてきた事で他の歯が圧迫され噛み合わせが悪くなってきたり、歯並びが乱される場合は抜歯を行って歯並びの保つた必要があります。


抜歯する時は術前に除菌し、歯石除去する事で細菌を減らし、歯を抜いた後の痛みや腫れを最小限に抑えます。生え方に問題がなければ、麻酔を使って痛みを抑え短時間の施術で完了します。

斜めに生えている場合、そのまま抜くのではなく分割してから抜歯するため、施術が難しかったり時間がかかるケースもあるので注意しましょう。


問題なく抜けた場合、一週間程度で歯肉が埋まっていきます。

美容サプリ情報を網羅した総合サイトです。

酵素ドリンクの情報をご説明します。

高濃度水素水のスポーツ選びをお手伝いします。

あなたのご要望に応じた高濃度水素水のダイエット情報がさらにわかりやすくなりました。

真剣に高濃度水素水の健康の情報が満載です。

https://matome.naver.jp/odai/2144715892766044801

https://m3q.jp/t/125

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11161999536

関連リンク

img-2

親知らずの不調で起こる症状

親知らずは一番奥に生えてくる歯で、10代後半から20代前半にかけ「親がしらないうちに生える歯」なので親知らずと呼ばれています。正式には第三大臼歯と言い、通常は上下左右の一番奥に計4本生えるのですが、現代人は柔らかいものを食べるようになったせいで顎が退化し3本しか生えてこない人や全く生えない人も居るようです。...

more
img-3

親知らずが気になったら歯医者に行きましょう

親知らずは一番奥の歯のことで、最後に生えてくることからそう呼ばれるようになりました。何もなければそのまま放置してもかまいませんが、違和感があれば歯医者に行って相談をしましょう。...

more