img-1

親知らずの虫歯、抜歯した方が良い?

親知らずは一番奥に生えてくる歯で、虫歯になりやすいものです。歯科で治療を行う時、治療が出来る大きさの虫歯でも抜歯した方が良いと言われることがあります。


普通は治療できる歯は残しておくものですが、なぜ親知らずは抜歯した方が良いのでしょうか。
親知らずは生えてくる場所が一番奥だということが問題になります。虫歯になってしまったということはちゃんと歯磨きが出来ていなかったということでもあります。治療が行えるサイズの虫歯であっても抜歯をすすめられるのは、治療がしにくいということがあります。また、一度治療を行っても、親知らずが磨きにくい歯であることは間違いありません。

そのため何度も虫歯になって治療に通わなければいけなくなってしまうこともあります。


また、人によっては親知らずの生え方が問題になることもあります。顎の骨の大きさによってはまっすぐに生えず横や斜めになってしまうこともあり、前の歯との間に虫歯ができやすくなってしまいます。


虫歯が出来たり歯磨きがしっかりできないと、歯茎に炎症が起きたり歯周病菌を引き起こすことがあります。


確かに、抜歯をする場合には麻酔をしたり痛みがあるというリスクもあるのですが、そのまま放置しておくリスクの方が大きいと判断されることが多いため、抜歯をすすめられるのです。

特に女性の場合、妊娠や授乳中には薬が使えないこともあるため、妊娠する前に歯の検診を行って、状態を確認しておくようにする方が良いでしょう。


親知らずの抜歯は通常とは異なる生え方をする歯を手術などにより取り除くことです。

主に歯科医院や病院の口腔外科で行います。
日常生活で口腔内に傷などがないにもかかわらず奥歯などから痛みを感じたら親知らずが疑われます。
その場合歯科医のレントゲン写真で確認することができ、あわせて治療するかどうかも判断します。

もし親知らずを抜歯せずそのままにしておくと顎周辺の骨格に異常を来たし、ひどくなると痛みが生じたり虫歯の原因にもなってきます。
正常な歯とは違った方法で生えようとするために周辺にある既存の歯に影響を与え歯並びに歪みが生じたり噛みあわせが悪くなってしまうなどしてしまい普段の摂食行動が苦痛になったりします。

親知らずの抜歯ができる医療機関はさまざまですが、主に口腔外科のある医療機関での手術が一般的です。

かかりつけの歯科医でも可能な場合がありますが、場合によっては大学病院などを紹介されそこで手術することとなります。抜歯方法は状態によって変わってきたりしますが手術の形態をとる場合が多いといえます。
また術後は一定期間痛み止めなどの薬を服用し手術箇所に負担がかからない咀嚼をしたりする必要があります。

注意したいのは日本の医療機関で抜歯する場合親知らずの場所や状態によって費用が異なってくることです。
たとえば既存の歯と同じようにまっすぐ生えている場合は費用が比較的少なくて済むものの、歯茎の下にあり見えない場合は割高になる傾向にあります。手術を考える際は費用面も考慮し、もし放置していても問題がないと診断されるのであればそのままにしておくことも判断します。

スピルリナの販売店の情報サイトが便利です。

素敵なアラプラスについて分かりやすくまとめてあります。

エイジングケアサプリのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

水素水のサーバー情報を楽しくお得に利用しましょう。

酸素水の美容効果情報について考えます。

http://matome.naver.jp/odai/2146666936901712301/2146673598243125303

http://www.sankei.com/economy/news/160426/prl1604260168-n1.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1039496380

関連リンク

img-2

親知らずの不調で起こる症状

親知らずは一番奥に生えてくる歯で、10代後半から20代前半にかけ「親がしらないうちに生える歯」なので親知らずと呼ばれています。正式には第三大臼歯と言い、通常は上下左右の一番奥に計4本生えるのですが、現代人は柔らかいものを食べるようになったせいで顎が退化し3本しか生えてこない人や全く生えない人も居るようです。...

more
img-3

親知らずが気になったら歯医者に行きましょう

親知らずは一番奥の歯のことで、最後に生えてくることからそう呼ばれるようになりました。何もなければそのまま放置してもかまいませんが、違和感があれば歯医者に行って相談をしましょう。...

more