img-1

親知らずの不調で起こる症状

親知らずは一番奥に生えてくる歯で、10代後半から20代前半にかけ「親がしらないうちに生える歯」なので親知らずと呼ばれています。
正式には第三大臼歯と言い、通常は上下左右の一番奥に計4本生えるのですが、現代人は柔らかいものを食べるようになったせいで顎が退化し3本しか生えてこない人や全く生えない人も居るようです。ただ、親知らずが生えている場合様々なトラブルを起こしやすい事が知られていますが、例えば親知らずと歯茎の間に汚れがつまり炎症を起こしてしまい歯周病の原因になってしまったり、生えている歯とかみ合う歯が無い事で歯茎や頬の内側に傷をつけてしまい歯肉炎や口内炎を起こしやすくなったり、また斜めや横向きなど変な方向に生えると前の歯に負担をかけたり顎が痛くなったり色々です。


このようなトラブルが酷くなると抜歯をする必要があるのですが、その際も横向きや斜めに生えていると歯肉を切ってから歯自体を削ったり割ったりしながら抜歯をしたり、埋もれている場合は歯肉を切ってから埋もれている歯がそのまま出てくれれば良いのですが出ない場合は抜歯をする必要があるので通常の抜歯と比べ時間や手間がかかる上に体への負担も大きくなります。
また、親知らずによって起こる症状は歯や顎、歯茎の炎症や痛みだけではなく頭痛の原因になったり肩こりの原因にもなり、汚れがきちんと落ちていない場合は口臭の原因にもなりますので、少しでも不調を感じたならば早めに受診することをお勧めします。

水素水の浄水器情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

みなさん、親知らずについて知っていますか。

親知らずは、正式名称「第3大臼歯」で、智歯とも呼びます。

水素水の効能の最新情報が揃っています。

大臼歯の一番奥にできる永久歯です。

あなたに合った条件でALAをご紹介いたします。

通常、18歳前後に出てきますが、遅い人の中には30代や40代で出てくることもあります。

話題のおすすめのローヤルゼリーに関するアドバイスです。

さて、この親知らずの名前の由来は何でしょうか。

特徴のある高濃度水素水の生成器について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

もしかしたら、勘違いをしている人もいるかもしれません。


今回はこの歯の名前の由来を考えたいと思います。

https://m3q.jp/t/125

名前の由来を説明するのには、まず、少し昔の人の寿命を考える必要があります。


昔は、今みたいに医療技術が発達しておらず、食べ物が乏しく、人の寿命は短かったと言えます。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/naritatakanobu/20151201-00052023/

織田信長の言葉にもあるように、「人生50年」、平均寿命は50歳前後だったと言われています。このことから、親知らずがはえてくるころには親から自立しているか、すでに親が亡くなっていることが多かったのです。


親がこの歯の存在を知ることはないのです。


その他にも諸説あり、この歯は永久歯が出てくるため乳歯は存在しません。

他の歯には、先に乳歯が生え、それが生えかわって永久歯となります。

乳歯を親に例えると、すでに永久歯となって生えてくる親知らずには、親が存在しないと言えます。


そういう意味で、この名前がついたという説もあります。

このように、あまり普段名前の由来は考えないと思いますが、改めて知ると面白いことが分かります。

今では。


医療技術の進歩と豊かな世の中ですから、親が生きている間に生えてきます。

http://girlschannel.net/topics/652077/

歯が生えてきた人は、少し親に知らせてあげると良いかもしれませんね。


関連リンク

img-2

親知らずの不調で起こる症状

親知らずは一番奥に生えてくる歯で、10代後半から20代前半にかけ「親がしらないうちに生える歯」なので親知らずと呼ばれています。正式には第三大臼歯と言い、通常は上下左右の一番奥に計4本生えるのですが、現代人は柔らかいものを食べるようになったせいで顎が退化し3本しか生えてこない人や全く生えない人も居るようです。...

more
img-3

親知らずが気になったら歯医者に行きましょう

親知らずは一番奥の歯のことで、最後に生えてくることからそう呼ばれるようになりました。何もなければそのまま放置してもかまいませんが、違和感があれば歯医者に行って相談をしましょう。...

more