img-1

親知らずが引き起こすトラブル

親知らずとは大臼歯の中でも、歯並びの一番奥に生えてくる第三大臼歯の事を意味し、18歳から20歳前後に上下4本が生えてきます。しかし全ての人に生えるわけではなく、全く備わっていない人や4本すべて生えてこない人もいます。また、顎の骨が小さく歯が生えるスペースが確保できない場合、半分しか顔を出さなかったり、傾いて埋まっていたり、完全に歯ぐきの中に埋まってしまっている人も珍しくありません。

大昔は固い食物を良く噛んで消化を良くする必要があり、顎の骨もそれに合わせてしっかりと発達していたため、親知らずにきちんと意味がありました。


しかし食文化の発達した現代では、軟らかく食べやすい食事が普及し親知らずの存在意義が減り、しかも顎が小さい人間が増えたため、トラブルの原因となる事の方が多く見られるようになりました。

特別な水素水の浄水器の最新情報をご提供します。

親知らずが原因のトラブルとしては、歯磨きがしづらい奥に生えてくるため虫歯や歯周病、歯肉炎を起こしやすい事があります。

しかも状態が確認しにくいため、気が付いた時には虫歯がかなり進行していて、周囲の歯に影響を与えているケースも見られます。

どんな人にもアラ関しての情報探しを行うならネットが便利です。

また、無理な方向に生えてきた歯は口の中を傷つける原因にもなり、口内炎が発生しやすい人は特に注意が必要です。

水素水のサーバーに関するお役立ち情報コーナーです。

さらに歯並びにも影響を与え、親知らずが生えてくる際に他の歯を圧迫し歯列が乱され噛み合わせや見た目が悪くなる事もあります。

10代の内に歯の矯正を行った人でも、奥歯に歯が増えた事で歯並びが変わる可能性もあるので、歯のずれを感じた時は早めに抜歯を行いましょう。

効率がいい生スピルリナ情報を利用してみませんか?

親知らずとは別名18歳臼歯と呼ばれ、多くの人が18歳から20歳の間に歯の並びの一番奥に生えてきます。

昔は18歳では親元を離れ独り立ちしている年齢とされてきたため、親が知らない間に生えてくる歯という意味で通称親知らずと呼ばれています。

睡眠時無呼吸症候群の酸素水の情報をご提供しています。

親知らずは上下左右の計4本生えてきますが、4本揃っていなかったり、生えるスペースが無く歯ぐきに潜り込んだまま、もしくは半分だけ歯ぐきから出ているなど、きちんと生えそろっていない人もいます。


本来はきちんと生えて上下で噛み合っている歯ですので、正常な状態なら抜く必要はありません。
しかし、顎が小さくきちんと並んで生えることができない、あるいは埋伏したままですと手入れがしにくく虫歯や歯ぐきの炎症を起こし、口内の環境を悪化させる可能性があります。

https://matome.naver.jp/odai/2136971311726867901

歯並びの一番奥にあるため見えにくく、痛みを感じて虫歯や歯周病に気付いたときは症状が進行しているケースが多く見られます。
また、周囲の歯へ影響を与える事もあり、違和感を感じた場合はすぐに歯科医院で診察を受ける必要があります。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/economy/release/detail/00213921.html

虫歯や歯周病の他にも歯並びを悪くする事があり、18歳までに矯正治療を済ませて綺麗な歯並びに整えたにも関わらず、親知らずの影響で成人を過ぎてから歯並びが乱れてしまう人もいます。

https://allabout.co.jp/gm/gc/426726/

また、歯が生える事で手前の歯が押し出され、噛み合わせがずれてしまったり、発音に問題が生じる可能性もあり、気になる場合は早めに抜歯する事をおすすめします。


関連リンク

img-2

親知らずの不調で起こる症状

親知らずは一番奥に生えてくる歯で、10代後半から20代前半にかけ「親がしらないうちに生える歯」なので親知らずと呼ばれています。正式には第三大臼歯と言い、通常は上下左右の一番奥に計4本生えるのですが、現代人は柔らかいものを食べるようになったせいで顎が退化し3本しか生えてこない人や全く生えない人も居るようです。...

more
img-3

親知らずが気になったら歯医者に行きましょう

親知らずは一番奥の歯のことで、最後に生えてくることからそう呼ばれるようになりました。何もなければそのまま放置してもかまいませんが、違和感があれば歯医者に行って相談をしましょう。...

more